【まとめ&感想】大人の週末起業

ビジネス・自己啓発本レビュー

「大人の週末起業」は、ベストセラー「週末起業」のリニューアル(令和最新版)バージョンです。

「大人の週末起業」は主な読者としてアラフィフ世代に向けて書かれていますが、20代・30代の「起業したい」「将来のために稼ぐスキルを身につけたい」サラリーマンにも実用的な内容となっています。

会社に頼らない「稼ぐ力」を身につける

会社に頼らない「稼ぐ力」を身につける
「大人の週末起業」は、このようなことが具体例を交えながら書いてあります。

  • なぜ今、「自ら稼ぐ力」が必要なのか
  • これからの時代、会社に依存していることで待ち受ける現実
  • ノーリスクで始められる「週末起業」とは?
  • 週末起業の具体的なやり方
  • 個人で起業する際にやりがちなミスと対策
  • ゆとりのある未来を手に入れるためのマインドセット

この本が参考になるのはどんな人?

定年退職を迎えて稼ぐ手段を失っても、人生はまだまだ続いていく時代。

「大人の週末起業」では “自分の力で稼いでいく”ために必要なことや手順 がまとめられており、下記のような方は特に書かれている内容が参考になると思います。

  • 会社の収入がすべてなサラリーマン
  • 現状の収入に不安や不満がある人
  • 個人として稼ぐ手段を持たないアラフィフのミドル世代
  • 何から始めればいいのか分からない人
  • 自分の「お金になる武器」が分からない人

「大人の週末起業」のいいところ

「大人の週末起業」のいいところは、副業経験のない人や、会社勤めが長い人でも「個人として、どのようにすればゼロの状態からお金を稼げるようになるか」という点について具体的に書かれているところです。

  • 会社を辞めずに起業するにはどうすればよいか
  • 経験や強みはどう活かすべきか(どうすれば活かせるか)
  • 失敗や不安はどう乗り越える(どう捉える)べきか

また、個人で稼ぐために「よくある失敗例」「誰もが最初にぶつかる壁」などが具体的な事例を交えて紹介されているのも親切だと思いました。

稼ぎたい、でも時間がない、自信がない、自分ができること(スキルとして売れること)が分からない…。こういった「よくある悩み」に対する解決策もまとめて書かれていました。

戦うべき相手を間違えてはいけない

戦うべき人を間違えてはいけない
私が最も参考になったのは、「自分のマーケットを明確にする必要性」について書かれていた部分です。

「大人の週末起業」に載っている具体的な事例は主にアラフィフ向けですが、視点を変えれば20代や30代、会社に所属していない主婦、既にフリーランスとして活動している人にも十分当てはまるものでした。

例えば、私は主婦ブロガーです。今ご覧のブログは「おうち英語」「ママのやり直し英語」「教育やビジネス本のレビュー」について主に取り扱っていますが、大手の英語系メディアサイトや、翻訳家や教育者など、英語の力が高い人が書くような記事を狙って書いても勝てません(そもそも書けませんが…)
英語力が低い(むしろ無い)私にしかできないこと、個人でしか発信できないこと、私しか持っていない経験や視点が活かせる記事を書くべきで、そこを誤ると記事が伸びない。「大人の週末起業」では、その「狙うべきマーケット」の見つけ方、「戦うべきではない相手」について書かれているのはとても大きなヒントになりました。

「大人の週末起業」の残念なところ

個人的に、「大人の週末起業」の残念なところは一点。

「個人で稼ぐやり方」は今やネット上に無料でたくさん公開されているので、その情報を自分で探せば、あえてこの本を読む必要はないかもと感じた点です。

「個人で稼ぐ」といえば、カリスマ的なインフルエンサーであるマナブさんイケハヤさんクロネコ屋さんなどのブログやTwitterを見れば、この本に書かれている内容については大体把握できるなと感じました。

これらの方々は、ブログやアフィリエイトに限らず、様々な職種の人が「個人で稼ぐ」方法について発信されています。
なので、個人で起業したい人は片っ端から読み込めばかなりのヒントになると思います。

とはいえ、自分に必要な情報を絞って探すのは大変

無料でたくさんの情報がたくさん公開されているとはいえ、どのサイトも稼ぎ方・独立の仕方をイチから丁寧に見れる…という感じではありません。

「まずは入門書がほしい」「手っ取り早く、分かりやすく手順が知りたい」「色んな職業の人が実際に稼ぐ具体例が知りたい」という方は、「大人の週末起業」を一通り読んでみるのが近道かも知れません。

なんにせよ、個人で稼ぐには行動あるべし

なんにせよ、個人で稼ぐには行動あるべし
これは「大人の週末起業」でも触れられており、色んな起業家の方が言われていることですが、とにかく大切なのは「すぐに始めること」です。

  • 個人での起業は、軌道に乗るまで時間がかかる
  • 開始が遅れると、稼げるようになるまでがどんどん長くなる
  • 小さなことからでも、まずは始めるべき

行動を開始して半年、1年後、月に5万円でも10万円でも今よりも収入が上がっていたら、それだけで年間の貯蓄額も毎月自由になるお金も変わってきますよね。

個人で稼いでいくということは、不安のない未来のために…と言うと遠い将来のようでもありますが、私は今はまだ小さな娘の将来の選択肢がお金に余裕がないことによって絞られることのないようにしたいと思い、行動するようにしています。

めんどくさい、難しい、よく分からない…など、一歩を踏み出すための障害はたくさんありますが、もし進めなくなりそうになったら、「大人の週末起業」はたくさんのヒントをくれ、行動を後押ししてくれそうです。