【感想&まとめ】未知に勝つ子育て | アグネス・チャン

教育本レビュー

3人のお子さんをスタンフォード大に行かせたアグネス・チャンさんの教育論「未知に勝つ子育て」のまとめ&レビューです。

子育てに対する自信と希望をくれ、たくさんの学びと共に背中を押してくれるようなすばらしい一冊でした。子育て中の方はもちろん、プレママやプレゼントにもおすすめです。

子育ての「正解」とは?この本で分かること

未知に勝つ子育て
「未知に勝つ子育て」に書かれている内容は、ざっくりとこのような感じです。

  • 「子育てに勝利」するための方法や考え方
  • 子どもにとっての「母親」とは?その理想像と近づき方
  • 子どもに“好きで学んでもらう”ために必要なもの・やり方
  • AIが職業を奪うかも?な時代に必要な子育てについて
  • 親自身の、自己肯定感の高め方

いやいや、子育てに勝ちも負けもないんじゃ…と、最初は思いましたが、読んで納得な内容でした。

定義しにくいことも、真理ともいえる結論としてズバズバと書きまくっているのが、この本のすばらしいところです。

「子どもはこんな時、こう考える」ということや、「親がこうしたいなら、こうすると良い」ということが実例を交えて具体的に書かれているので、参考にするだけじゃなく誰でも実践できそうな点もよかったです。

アグネスさんは教育の専門家

アグネス・チャンさんといえば歌手のイメージが強いですが、最近では教育関係のコメンテーターとしてもテレビ等で活躍されています。

本の中でも紹介されていますが、アグネスさんはスタンフォード大学の教育学部博士課程を修了された教育の専門家。

長年に渡り教育について広く深く学ばれ、実際3人のお子さんを育てられたご経験からも、著書の信ぴょう性は折り紙付きです。

「積極的に学ぶ子」を育てる方法とは?

「積極的に学ぶ子」を育てる方法とは?
おそらく多くの大人が、子ども時代に親に言われたであろうセリフ…「勉強しなさい」「宿題しなさい」「テストでいい点を取りなさい」。
それがストレスで、勉強自体が嫌だなぁと思ったことはありませんか?

アグネスさんのお子さんは、「自分自身の未来のために学ぶと分かっている」から、自ら進んで勉強をするそうです。

「未知に勝つ子育て」では、子どもにそんな価値観を持ってもらうために親ができることや、「言ってはいけないこと」がたくさん書いてありました。

もちろん「その子自身の性格」もありますが、「未知に勝つ子育て」を読んで、子どもが学ぶ意欲を失うのは親の責任なのだなと感じました。

具体的な教育方法も満載。何度も読み返したい

この本のいいところは、理想とする子育ての具体的な方法が細かく書かれていることです。

  • 赤ちゃんがスタートラインで勝つ方法
  • 3歳までのシナプスの増やし方
  • 積極的に学ぶ子に育てる方法
  • 子どもの「退屈!」を撃退する方法
  • 特別な道具がなくても、どこでも遊べる子に育てる方法
  • すぐに答えられないことを聞かれた時の対処法

特に、「赤ちゃんがスタートラインで勝つ方法」については「なるほど確かにね~」とうなずきながら読みました。

賢い子に育てたい、勉強ができる子に育てたい、という親の想いを叶えるヒントがたくさんです。

アグネスさんの多様な経験と研究の成果をまとめて読むことができ、とても勉強になりました!

早期の英語教育についても言及

早期の英語教育についても言及
「未知に勝つ子育て」では、私も行っている「早期の英語教育」や、「日本人として、英語や世界を学ぶことについて」も書かれています。

早期の英語教育については色々な見方や意見があると思いますが、子どもの可能性を広げ、個人としての能力を効果的に高ていくためにも、「これからも日常生活の中で英語が当たり前にある環境を作っていこう」と思いました。

単純に「英語は学んでおいた方がいいよ」ではなく、これからの時代を担う・活躍できる子に育てるための価値観&必要なスキルについても書かれています。例えば、ただ外国人とコミュケーションを取るということの他に、日本人として日本のことを知り、説明できるようにしておくべきという視点や、その理由など。

親側が「なぜ今英語が必要なのか」をしっかり理解し、自分の意見を持っておくことで、今後の子育てで迷うことが少なくなるだろうと感じました。

効果的な「読み聞かせ」の方法

読み聞かせはとにかくいい、ということで私も0歳の娘に毎日絵本を読み聞かせています。

その効果を上げる方法や、子どもが小学生になった時、中学生になった時、どのように「読み聞かせ・読書」レベルアップさせていくべきなのか。

書かれている内容が実際に結果を出している(お子さんがアメリカの難関大に合格&誰もが知っている大企業に就職)方のやり方と感想なので、とても勉強になりました。

いい家族の定義

いい家族の定義
この本で、胸が熱くなる箇所はいくつかありましたが、実際に涙が出たのは「いい家族の定義」について書かれていた箇所です。

あぁ、そうだよなぁ、と。ここだけでも、ぜひ多くの人に読んでいただきたい内容でした。

最後のページには驚きの仕掛けあり

「未知に勝つ子育て」は全体的に、この本を手に取ったすべての親の背中を力強く押してくれるような、愛情と説得力のある言葉であふれていました。

面白いと思ったのは、最初と最後に、ある“仕掛け”があること。
私はこの仕掛けを見たとき、思わず口元がゆるむと同時に、「私は絶対に子どもを幸せにする!」とやる気がメラメラわいてきました。

ぜひ、実際に手に取って「面白い仕掛け」を確認してみて下さい。